【有酸素運動の秘密武器】アフターバーン効果とは?

こんにちは!アーストライアスロンです!

今回は、有酸素運動の魅力的な側面の一つである「アフターバーン効果」についてご紹介します。
アフターバーン効果とは、運動後に継続してカロリーを消費しやすくなる現象のこと。。!!

詳しく見ていきましょう↓↓


アフターバーン効果とは?

アフターバーン効果、または後燃費効果とも呼ばれるこの現象は、有酸素運動を行った後に体が基礎代謝を高め、エネルギーを消費し続ける状態を指します。通常、運動後にも基礎代謝が通常より高まりますが、アフターバーン効果が働くと、その効果がより長く続くのです。


アフターバーン効果の仕組み

この効果のメカニズムは、運動中に筋肉や肝臓などの組織に貯蔵されたエネルギー源が使われ、運動後もその再補充が行われるためなのです。

さらに、運動中に筋肉が受けるストレスやダメージの修復にもエネルギーが必要となり、これらのプロセスがアフターバーン効果を促進します!

アフターバーン効果を最大限に活用する方法

アフターバーン効果を最大限に活用するためには

・ハイインテンシティトレーニング(HIITトレーニング)
・有酸素運動
 短時間で高強度の運動を行う有酸素HIITはがアフターバーン効果を促進に効果的!!

アフターバーン効果は、運動後も長期間にわたってカロリーを消費しやすくする素晴らしい現象です。

アーストライアスロンの30分トライアスロンは

スイム・バイク・ラン 各種10分間のHIITトレーニングは短時間でアフターバーンも得られる、最強のトレーニング!


アーストライアスロンで効果的にアフターバーン効果を活用し、健康的な体を手に入れよう!

0コメント

  • 1000 / 1000